水子供養の背後にある本質とは

水子供養の背後にある本質とは

母の体内に新しい命が宿ることがあっても、そのすべての命が生まれてくるとはいえません。詳しくはこちら→愛知 水子供養を探す。

 

それは流産の他に望まれぬ妊娠もあり、長い歴史の中では生活苦から間引きという言葉もありました。相談するなら愛知 永代供養←ココから。

 

又、最近では胎児の遺伝子の異常も調べる事ができるようになり、異常が明確になった時に中絶する人も多いと言います。詳しくはこちらへ→岐阜 水子供養ご相談ください。

 

このような様々な理由で生をなしえなかった命の他に、生後わずかにして亡くなった子を合わせて水子と呼んで供養する事があります。

 

江戸時代になると地蔵信仰と民間信仰が融合し、お地蔵様が子供を守り導く仏とされ、子育て地蔵や子安地蔵などが出てきます。
その考えは水子となった子ども達にも注がれ、「地蔵和讃」には水子達を救う地蔵の様子が歌われています。
一方で、水子供養が始まったのは、江戸時代の浄土宗僧「祐天」(1637〜1718)とされますが、一般に知られるようになったのは1970年代といいます。まずは愛知 納骨をご覧ください

 

しかし、供養という概念が広まる中で、水子が不幸の原因と称して詐欺まがいの霊感商法という事件になることもありました。

 

生まれ得なかった理由は様々あるにしろ、命を有していた母親の心の葛藤は計り知れないものがあるといえます。気になった方は愛知 墓地で!

 

水子供養とはこの世に生をなしえなかった命よりも、それに苦悩し葛藤する親というものを救う術であるのかもしれません。